【徹底解説】AWAの使い方や料金はいくら?アーティストも充実してる?

こんにちは、いんかみ(@fam_com01)です。

 

 

昨今の定額制音楽配信サービスの勢いは凄いですねー。

 

実はこの「AWA」もサービス開始当初の無料期間でダウンロードはしていました。

ですが、管理人自身、基本的にiTunesから移した曲を聴いていたので、あまり使うことも無く、自然とiPhoneから消えていました・・・

しかしながら、そんな管理人を尻目に、2016年10月にアプリダウンロード数は1000万を突破!

 

これはちゃんと使ってみた方が良さそうかも、なんて気持ちから再度AWAをダウンロード。

AWAの使い方や、料金、取り扱っているアーティストの幅など、個人的な目線ではありますが、使ってみて感じたことをまとめていこうと思います!

AWAとは? 

初の利用であれば、その日から30日間無料で有料プランが使えるので、この期間で有料で使うか、期間終了後は無料で使うかを見定めましょう!※月末締めとかではないので、いつ始めても損することはありませんよ!

期間終了後は自動的に無料プランに移行するので、自動的に課金などの心配もありません。

⇓キャンペーン中⇓

2018年3月追記

冒頭でお話しした通り、現在スタンダードプラン登録(要クレジット決済登録)で3ヶ月無料!

この場合、クレジットカードでの登録となる為、無料期間内に解約をしない場合は月額960円で継続をする形になります。もし心配な方はカレンダーなどにキャンペーン終了期間をメモをしておくといいですね!

イカク兎
たっぷり使って使い続けるか見極めよう!

どうしてもご心配な方はこちらのブログをご参考にされてみて下さいね。

それではAWAの基本的な機能を見ていきましょう!

Search

文字通り、AWA内にある約4000万曲以上の楽曲を検索できます。検索精度もかなり高く、洋楽でもカタカナ入力でしっかりヒットします!

ダラケ兎
こういったアバウトな入力でもお目当ての曲、アーティストが見つけれるのはストレスが無くて地味にありがたい。

音声認識機能

2017年7月5日に新たに追加された「音楽認識機能」

気になる音楽に向けてスマートフォンをかざすだけで音楽の波形を認識し、数秒でアーティストと楽曲を特定することが可能。

日常で「この曲気になる!」となった際に、全く自分が知らない楽曲を検索することが出来ますね!

因みに管理人も使ってみましたが、テレビ付けっぱの部屋で楽曲を流してみた(テレビの音量より小さめ)所、歌も入ってこない5~8秒くらいでしっかり検索してくれました・・・すご!

Home

ここの利用のメインとなる方も多いはず。

    • 「BROWSING」
    • 「DISCOVERY」
    • 「GENRE」
    • 「MOOD」
    • 「RADIO」
  • といった機能があり、基本的には、「自分で一曲一曲を探す必要が無く、どんどん曲を再生してくれる機能」といった感じです。

個々の機能も見ていきましょう!

 

 

「BROWSING」

エディターが厳選したプレイリストや、音楽通の著名なプレイリスターより作成されたプレイリスト、最新楽曲、全14種類のジャンル別ランキングなど、トレンドの音楽を毎日更新してお届けしています

引用:AWA公式HP

BROWSINGでは、自分の趣味にあった曲ではなく、AWAのエディターさんがトレンドや時期に合わせた独自のプレイリストを公開しています。今流行りの音楽をチェックしたり、卒業等の時期やシーンに合わせた楽曲を聴きたい場合に重宝しますね!

「DISCOVERY」

お気に入りの曲やプレイリストに「Favorite」を付けていくことにより、自分が聴いている音楽の趣味嗜好を読み取って、自動的にあなたに合ったプレイリストを表示してくれます。

標示精度はかなり高く、管理人自身マイナーなバンドを少し選んでいっただけで、「このバンドの楽曲もあるんかい!」といった感じで表示されました。

使い込んでいくと更に精度は上がっていきそうですね!

「GENRE」

ジャンル別にAWA内の「プレイリスト」を検索することが出来ます。

種類は

    1. 「POP」
    2. 「DANCE/ELECTRONIC」
    3. 「ANIMATION/VOCALOID」
    4. 「ROCK/PUNK」
    5. 「ALTERNATIVE」
    6. 「HIPHOP」
    7. 「R&B/SOUL」
    8. 「REGGAE/DUB」
    9. 「JAZZ/BLUES」
    10. 「FOLK/COUNTRY」
    11. 「CLASSICAL」
    12. 「SOUNDTRACK」
  1. の全12種類(2018年3月現在)

分かりやすくもおおざっぱ過ないようなジャンル分けになっていますね。

MOOD

こちらはムード別に「プレイリスト」を検索。

種類は

    1. 「HAPPY」
    2. 「EXCITED」
    3. 「RELAX」
    4. 「LOVE」
    5. 「SAD」
    6. 「DARK」
    7. 「MORNING」
    8. 「SLEEP」
    9. 「STUDY」
    10. 「WORKOUT」
    11. 「PARTY」
    12. 「DRIVE」
  1. の全12種類(2018年3月現在)

こちらも分かりやすいですね。

RADIO

トラック、アーティスト、ジャンル、年代等でチャンネルを選ぶことにより、関連する曲を「ノンストップ」で再生してくれます。

個人的にはこの機能が重宝しそうですね!

 

 

Favorite

気に入ったプレイリスト、曲、アルバム、アーティスト、ユーザーを保存することが出来、上記で説明した「DISCOVERY」での、あなたに合ったおすすめのプレイリスト表示等に役立ってくれます。

AWAを活用する上で積極的に使っていくべき機能と言えますね!

 

Library

自身のスマートフォンに入っている曲をAWA経由で再生したり、AWAでダウンロードした曲の再生が出来ます。

AWA経由の曲と、自身が取り込んだ曲を聴く際に、アプリを使い分ける必要がないので便利ですね!

PCで取り込んだ曲、ダウンロード購入した曲等を読み込ますにはスマートフォンの設定でメディアライブラリの読み込みを許可する必要があります。※iPhoneの場合

そして、聴いた楽曲、プレイリストの履歴等も確認可能。

「RADIO」等、知らない曲を流れで聴いていて「良いなぁ」と思った曲にFavoriteを付け忘れていても、ココを見れば確認が出来ますね!

 

My Playlists

自分でプレイリストを作成し、他のユーザーに公開することが可能です。※最低でも8曲以上設定が必要。

自分と趣味が合うユーザーからFavoriteを貰えるようになってくると、更にAWAが楽しく感じてきそうですね!

 

GUEST

ここは自分自身の自己紹介や画像、そしてお気に入りにしている、されている数を確認可能です。

積極的に自身が作ったプレイリストを公開していく場合は、しっかりと設定しておきましょう!

 

Setting

地味に使いそうなのがこのSetting。

アカウントの管理や、楽曲の再生音質等を設定することが出来ます。

音質に関しては、最高音質の320kbpsでもやはり、CDをPC経由で取り込んだ楽曲や直接購入しダウンロードした曲には及びません・・・

ダラケ兎
これはしょうがないし、同じなら逆にヤバいよね

しかし、音質が悪いといったわけでは無く、あくまで「比べると」なので、気にならない方が圧倒的に多いと思いますよ!

個人的には、最低音質の64kbpsでも聴く分に問題はありません。

「音質・再生」の項目には、AWAアプリ自体でイコライザー(音色調整)の調整が出来、プリセットも豊富なので、ここで下がった音質をカバーしてもいいですね!

 

料金プランは2種類(下記画像は現在のキャンペーン時の内容です)

 

    1. 全ての機能が使える月額980円の「Standardプラン」
    2. 機能制限が付く無料の「Freeプラン」
  1. (以前はLiteプランがありましたがあまり需要が無かったようで、その分Freeプランの内容が充実されました)

機能制限は付くものの、無料プランでも十分楽しむことは可能です!

 

因みに、通常の30日間のトライアル中は、Standardプランと同等の内容で全機能が使えますが、期間が終わるまではStandardプランに登録が出来ないようになっています。

十分に使い倒したうえで制限が付く無料で使うか、このまま有料版の機能で使うか判断されてみて下さいね!

アーティストの幅は?

楽曲は2018年現在、4000万曲以上と謳っていますが、多いのか少ないのか正直良く分からない・・・

ので、完全個人的な趣味嗜好で調べてみる事に。

そしたら、洋楽で言えばメタルコアバンドの「We Came As Romans」があったり。

↓管理人お気に入りTaylor Swift/ “I Knew You Were Trouble”カバー

カナデル兎
洋楽としてはメジャーだけどね

邦楽でいえば、Helsinki Lambda Clubがあったり

結構マイナーな所まで行き届いてるやん!といた印象。

「定額制音楽配信サービスなんて、どうせメジャーアーティストばっかりでしょ・・・」

と偏見に満ち溢れていた管理人もかなりビックリしました。

そんな時、オススメにナードマグネットも出てきたので、AWA側に「うわっ、こいつマイナーバンドばっかり漁っとるやん、コレが聴きたいんやろ?えぇ!?」と気持ちを見透かされたようで恥ずかしくもなったり。

ダラケ兎
AWAさん、良い仕事しますね。
定額制音楽配信サービスは基本的にマイナーがあればメジャーも揃っているというわけでは無く、参加している事務所や、アーティスト個人の意向でも変わってくるようです。このAWAに関しては他のサービスよりも邦楽のラインナップが充実しているようでした!

この記事作成した2017年から現在も取り扱いアーティストがかなり増えてきており、音楽シーン自体が定額制音楽配信サービスをかなり前向きに捉えているように感じますね!

 

オフライン再生が可能

続いて「オフライン再生」お気に入りの楽曲をストリーミングではなくAWA(自身の端末)にダウンロードすることが可能。

これにより、再生の度に通信が発生することも無く、速度制限の心配もありませんし、ネットに繋がっていない状態(トンネル等)でも再生が出来ますね。

聴いている最中、曲が途切れて萎えたりすることも無いのでグッド!

曲の保存可能なデータ容量はスマホ端末の空き容量に依存しています。

 

使い方とまとめ

【使い方】

    1. まずはお気に入りの曲、アーティスト等を探す
    2. 見つけたら積極的にFavoriteを付けていこう!
    3. 自分の為、又は他のユーザーへのオススメ等プレイリストを作って活用
    4. 通信量や回線が気になる場合は「オフライン再生」がおすすめ。出来れば家のWi-Fi環境で、最高音質の320kbpsでダウンロードしておく方がイイ!(スタンダードプランユーザーのみ)
    5. HOMEから気分に合わせて曲を聴いたり、知らない曲を漁ったり自由にいこう

【使用感】

    • 機能の使い勝手は申し分なし
    • 知らない自分が好きな曲に出会える
    • 個人的には、アーティスト、楽曲の取り扱いもマイナーまで充実(特に邦楽)
    • オフライン再生も便利
  • はい!今回は「AWA」の使い方や有料版の料金、扱っているアーティスト数等を中心に見ていきました!

個人的には「定額制音楽配信サービスってそんなにいいのか?」と思っていたので、いざしっかり使ってみるとここまで利用者が増えている理由が分かりました!

 

当ブログで書いているような少しマイナーなアーティストの方が揃っているので、管理人と趣味が合いそうな人は特に利用をお勧めします。

友人にも勧めると、渋々使いはじめましたが、今ではガッツリ利用中です(笑)

ただ、お得に音楽が聴けている分、応援したいアーティストへの還元(CD購入や、特にライブ参戦等)もしっかり行っていきたいですね!

以下のの記事では「ハイライト再生」等の機能や、無料の「Freeプラン」での機能制限や使い勝手を中心に書いていますので、是非そちらもご覧ください!

AWAの無料(フリー)プランでもオフライン再生等の機能は使える?有料プランとの違いは?

2017.04.18

よく読まれている記事

【SNSで記事をシェア♪】

当ブログで大活躍!
くまくまー。イラスト

当サイトにいるうさぎは「くまくまー。」さんのイラストを使用しています。他のゆるいキャラスタンプも作られているので、気になる方は是非チェック!

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    いん かみ

    このブログの管理人「いんかみ」です。インド人みたいだとよく言われます。アジカンを聴いて育ちましたが、基本雑食でなんでも飛びつく方。当ブログの私を含んだウサギイラストは「くまくまー。」さんにご提供いただきました⇒https://twitter.com/ifmedia1