話題のCHAI(チャイ)ってどんなバンド?メンバーやその魅力を紹介!


多くの女性が持つ「コンプレックス」を「アート」「個性」として世に発信しつつ、洋楽からの影響を強く受けたシンプルかつ骨太なロックを鳴らす話題のオンナバンドCHAIチャイ)」

 

彗星の如く現れ、国内の著名なミュージシャンからの評価を集め、更には海外でのライブも行うなど、今後の活躍に注目が集まっているバンドの一つですね!

今回はそんなCHAIのメンバー紹介や、結成に至るまでの経緯などをご紹介していきます!

魔法少女になり隊のWiki風メンバー紹介!明治とバジルがかなり人気?

2017.05.07

Sponsored Link

CHAIってどんなバンド?

「NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド」と称し、双子の姉妹マナ(Vo.&Key)カナ(Vo.&Gt)そして、ユナ(Dr.&Cho)ユウキ(Ba.&Cho)の4人で結成されたバンド「CHAI(チャイ)」

女性が持つコンプレックスを「アート」や「個性」として肯定する歌詞と、洋楽を中心としたロックやファンク、はたまたヒップホップ等、多彩な影響を受けた極太なバンドサウンドで、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さん、くるりの岸田繁さんや、木村カエラさんら国内のロックミュージシャンからも評価を受け話題になりました。

カナデル兎
そのきっかけとなったのが「sayonara complex」

その後も全米8都市を回るツアーを行うなど、日本のみならず海外へ目を向けた活動も精力的に行っています。

マネー兎
本人たちも海外で評価されることを意識しているようで、グラミー賞も狙っていると豪語するほど

それではそんなCHAIのメンバーについて見ていきましょう!

 

メンバー紹介

引用:http://78.media.tumblr.com

  • マナ (Vo&Key)画像左下
  • カナ (Vo&Gt)画像右下

バンドの核である双子姉妹のマナさんとカナさん。

インタビュー等を読んでいるととてもポジティブな二人に見えますが、時頼「二人は卑弥呼似だから」等、絶妙なネガティブさも兼ね備えています(笑)

他のメンバーにも言える事ですが、このコンプレックスを前向きにとらえて発信していくというスタイルがCHAIの魅力ですね。

作曲は、原案をマナさんが持ってきてカナさんがアレンジを行う、というスタイルが多いようです。

 

  • ユウキ (Ba&Cho)画像左上

基本ノリが軽く、ベースを担当したのもパートが余っていたからというユウキさん。

しかし、メンバーから器用だし、のみ込みが早いと言われている通り、楽器の暦に対してかなり安定した演奏をしていますね!

ダラケ兎
あと首の骨が通常より1個多いそうな

 

  • ユナ (Dr&Cho)画像右上

イラストを描くのが趣味で、過去の作品のジャケットを書いたこともあるユナさん。

ドラムを始めたのはORANGE RANGEの元ドラマーであるKATCHANさんに8割ビジュアルで好きになった為(笑)

結成当初、他のメンバーにceroや洋楽のバンドをおすすめしたりと、CHAIのその後の音楽性に影響を与えるきっかけとなったメンバーさんです。


Sponsored Link

結成に至るまで

4人とも名古屋出身

元々マナさん(Vo&Key)カナさん(Vo&Gt)ユナさん(Dr&Cho)の3人が同じ高校の軽音楽部に所属し、椎名林檎さんやaikoさんのコピーバンドをやっていましたが、オリジナルソングを作る機会があり、そこから曲作りに目覚めたようです。

そこから一度は離れるも、大学生の頃も音楽をやりたいという気持ちをマナさんが諦めきれず、カナさんに思いを話し、そのままユナさんも誘い快諾。

ユウキさんは当初3人のバンド活動についての話を聞いて、「応援するー」くらいの気持ちだったようですが、マナさんに「ついでにやる?」と誘われ、担当が余っていたベースを楽器未経験ながら任されることになり、現在のCHAIのメンバーに至っています。

その後、音楽を真剣にやるなら東京に行こうとのマナさんの意向で地元を離れ、4人でCHAIハウスで同居をし、東京での活動を開始。

その1年で各方面から注目を浴び、まさに上京が功を奏した形になっていますね!

 

チャイの魅力とは?

バンドのテーマでもあるコンプレックスを肯定しポジティブに、という点もチャイの魅力ですが、そのテーマを発信するだけに留まらず、楽曲のオリジナリティやこだわりもCHAIのバンドとしての強み。

 

引用:http://78.media.tumblr.com

アルバム「PINK」を聴いても、一曲目の「ハイハイあかちゃん」から日本の音楽シーンを置いてけぼりにするようなアプローチが満載で、どの曲も個性とチャレンジ精神に溢れています。

ヨロコビ兎
PVが上がっている曲以外にも、シンセの利いた「フライド」や「ウォーキング・スター」等おすすめ曲満載!

tUnE-yArDs(チューンヤーズ)」や「Basement Jaxx」を中心に年代を問わず洋楽からの英曲を公言していますが、YOUTUBEで楽曲を探すことが多いようで、そこは現代っ子。

しかし、バンド自身も今表現したいことを出していくというスタイルの様で、その若さもあり、ここから更にどう進化していくのか楽しみでありません。

そしてライブにおいても演奏だけでなく、演出も大事にしていて、海外のライブ映像なんかを見てもかなり肝が据わっているなぁと感じますね!

とにかく自由なバンド(笑)

 

まとめ

Sponsored Link

はい!

というわけで今回はテレビなどで取り上げられることも多くなった話題のオンナバンド「CHAI(チャイ)」についてお届けしてきました!

 

ありのままの個性を生かし、現代の「かわいい」の概念を塗り替えんとするCHAI。

ダラケ兎
コンプレックスを上げるとキリがないからね

グラミー賞を本気で狙いに行く彼女達の今後の活躍から目が離せませんね!

マネー兎
読んでくれてありがと、他の記事もヨロシク~

Sponsored Link

【SNSで話題をシェア?】

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です