climbgrow(クライムグロー)のメンバー紹介!歌詞もライブもかなり熱い!?

こんにちは、いんかみ(@fam_com01)です。

 

今回は、滋賀県出身の4人組ロックンロールバンド「climbgrow」(クライムグロー)のメンバーや、その熱い歌詞ライブの魅力についてご紹介です!

ボーカルは往年の邦楽ロックンロールからの影響を強く受けつつも、楽曲のサウンドとしてはかなり現代的。

climbgrowはそんな絶妙なバランス感覚を持っており、今後の躍進にも注目が集まっていますね!

それでは詳しい情報を見ていきましょう!

「climbgrow」(クライムグロー)

引用:Twitter

メンバー
  • Vo&Gt「杉野泰誠」(すぎのたいせい)
  • Gt「近藤和嗣」(こんどうかずし)
  • Ba「田中仁太」(たなかじんた)
  • Dr「谷口宗夢」(たにぐちもとむ) 

2012年、滋賀県出身の上記4人によって結成されたバンド「climbgrow」(クライムグロー)

元々はVo&Gt杉野さん、Gt近藤さん、Ba田中さんの3人が同じ中学校でバンドを組んだことから始まり、高校で出会ったDr谷口さんが杉野さんに誘われバンドに加入し、現メンバーに至っています。

でも皆バラバラの高校に進学していたらしいね

高校1年の結成当初は、オリジナル曲が数曲できるも、歌詞も特につけないままライブを決行する等、既に肝が据わっていた様子(笑)

しかし、オリジナル曲が出来た時から「このバンドで行ける」という感触があり、その予感通りclimbgrowの大きな転機となった、2014年8月に行われた10代限定オーディション「閃光ライオット」にて準グランプリ受賞!

バンド名の意味

バンド名の「climbgrow」はclimb(登る)とgrow(成長する)を組み合わせた造語で「成り上がり者」という意味を表しています。

バンドの熱量や、反骨精神に至るまでこのバンド名に集約されていますね!

 

 

メンバー

ボーカル&ギター「杉野泰誠」(すぎのたいせい)

引用:Twitter

その歌声を聴いても分かる通り、ボーカリストとして、邦楽ロックンロールを代表する伝説のバンド「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」の「チバユウスケ」さんや「エレファントカシマシ」の「宮本浩次」さんからの影響を強く受けた「杉野泰誠」さん。

歌声や、歌詞からも感じるように、心の底からバンドやロックへの強い意志を感じる反面、曲がったことが許せず、血の気も少なくは無くはないようで・・・

現代の若手ボーカリスト像とは逆行してるけど、そこがまたイイ

「風夜更け」という曲も語りメインで聴き手の心を刺すような歌詞なのですが、杉野さんのぶっとい芯があるからこそクサくならず、直球で届く!

間違いなく、齢を重ねる毎に更にカッコよくなるボーカリストですね。

あと、人の2倍位肺が大きいらしい、なんか納得!

ギター「近藤和嗣」(こんどうかずし)

引用:Twitter

そんな男気溢れる杉野さんの歌声とは違ったclimbgrowの魅力となっているのが「近藤和嗣」さんのギターフレーズ。

近藤さんも邦ロック界で多大な影響を与えたバンド「NUMBER GIRL」等から影響を受けたサウンドだったり、モダンで気の利いたフレーズで、「ロックンロールになり過ぎない」というのがclimbgrowの最大の旨味では無いかと思っています!

「RAIN」という曲ではナンバガの雰囲気がプンプンした

インタビューでもギタリストらしい細かなこだわりが至る所にあって、管理人も共感!

ベース「田中仁太」(たなかじんた)

引用:Twitter

安定感のあるベースサウンドを鳴らす田中仁太さん。

バンドメンバーで一番優しそう

と思わせてバッキバキのフレーズをぶち込んできたリするので、油断は禁物、カッコいい。

アジカンもストレイテナーも好きだという事で、管理人的に申し分ありませんな!

ドラム「谷口宗夢」(たにぐちもとむ) 

引用:Twitter

ベース田中さんと共にclimbgrowの土台を支えるドラム担当の「谷口宗夢」さん。

中学の頃にRADWIMPSのコピーから始まったというから、よく挫折しなかったですよね!

その甲斐もあってか、climbgrowでもシンプルなビートから、攻めたアプローチまでこなしており、流石です!

 

こう見てみると、各メンバーそれぞれの影響を受けたバンドの色が、物凄く良いバランスでclimbgrowに反映されてるなあと思いますね。

まさにハイブリット感

 

 

歌詞の魅力

そんなclimbgrow、サウンドも良いけど、やっぱり杉野さんの綴る歌詞もカッコイイわけで。

バンドの人気曲でもある「極彩色の夜へ」にあるフレーズ

彼奴に届けばいいと平凡な願いを込めて
中指に込めた愛を歌ってるよ

引用:「極彩色の夜へ」歌詞

こんなん誰でも痺れるわ!

「ダサいやつに用はねぇ!」と言わんばかりの突っ張れるような歌詞もありますが、こういう一面まで出されるともうね、困る!

歌詞を書く上では、素直に書きたいものを書き、言葉の響きなども大切にしているという事で、これからの楽曲にも期待してしまいますねー。

ライブの熱さ

そしてclimbgrow、見ての通りライブも熱い!

汗の量が物語ってるね

しかし、ただ熱いだけでは無くて安定感も抜群。

楽器隊ももちろんですが、杉野さんの歌声はしゃがれ一辺倒ではなく、楽曲によってかなり色々表情を使い分けるのですが、それでもこの安定感。

閃光ライオットのライブ映像にて「俺らカッコいいっしょ?応援してよ。」というMCにも笑っちゃうくらい痺れましたが、本当その通り。

ハンパな覚悟じゃ言えない言葉よね

まとめ

ポイント!
  • 「climbgrow」(クライムグロー)2012年、滋賀県出身の4人で結成
  • Vo&Gt杉野、Gt近藤、Ba田中が中学の同級生で、Dr谷口が高校1年の時に出会い、加入
  • 2014年に10代限定オーディション「閃光ライオット」にて準グランプリ獲得
  • 嗄れたロックンロールボイスと、相反した現代的な楽曲がイイ!
  • まだ年齢も若いが、クサさを感じさせないくらいの芯があり、今後に期待しかない!

はい!今回は「climbgrow」(クライムグロー)のメンバーや、バンドの魅力についてお届けしました!

ロックンロールをそのままのスタイルで継承するバンドが多い中、climbgrowは今までありそうでなかったって感じが凄いです。

本人たちも、「ただのロックンロールでは終わらない」のがバンドの武器であると自覚しているようなので、ここからどう進化していくのかも要注目ですねー!

よく読まれている記事

 

【SNSで記事をシェア】

当ブログで大活躍!
くまくまー。イラスト

当サイトにいるうさぎは「くまくまー。」さんのイラストを使用しています。他のゆるいキャラスタンプも作られているので、気になる方は是非チェック!

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いん かみ

このブログの管理人「いんかみ」です。インド人みたいだとよく言われます。アジカンを聴いて育ちましたが、基本雑食でなんでも飛びつく方。当ブログの私を含んだウサギイラストは「くまくまー。」さんにご提供いただきました⇒https://twitter.com/ifmedia1