銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」が完全に青春!初武道館への期待も高まる!?

 

2017年10月13日(金)に初の日本武道館ライブ「日本の銀杏好きの集まり」の開催が決定した「銀杏BOYZ(ギンナンボーイズ)」

その先駆けとして7月から3ヶ月連続のシングルリリースも行われることになり、第一弾として「エンジェルベイビー」のラジオオンエアや予告編がアップされました。

聴いた感想は、銀杏BOYZが青春真っただ中だった方々にとって、「これをまってた!」と言わんばかりの曲に仕上がっています!

それでは詳しく見ていきましょう!

【全曲レビュー前編】アジカン初のトリビュートアルバム「AKG TRIBUTE」が俺得過ぎる

2017.04.08

Sponsored Link

銀杏BOYZの現在

引用:https://i.ytimg.com

2003年、青春パンクを代表するバンド「GOING STADY」の解散後、ボーカルである峯田和伸さんが、ゴイステメンバーであった、ベース安孫子真哉さん、ドラム村井守さん、そして新たなギターとしてチン中村さんを迎え結成した「銀杏BOYZ」

管理人も丁度学生時代の時でしたが、リアルタイムで聴いていたのは銀杏BOYZとして始動し始めた頃!

ラジオから流れていた「夢で逢えたら」から入り、「DOOR」、「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」のアルバムを聴きまっくてました。

ダラケ兎
親に聴かれると気まずい曲もあったんで、MDにキラキラな曲を中心に入れてね

 

そんな銀杏BOYZですが、それ以降はリリース等のスパンがかなり空いたり、色々やらかしたり。

結局、次の銀杏BOYZとしての「アルバム光のなかに立っていてね」は、前作からなんと9年後!

 

個人的なお話ですが、地元を離れ、初めて組んだバンドのボーカル(相当な銀杏BOYZファン)から「光のなかに立っていてね」のリリース間近に「銀杏の新らしいアルバム楽しみだね!」という連絡が来ましたが、それよりも実質バックレ位の勢いでバンドを抜けてしまったので、その気まずさの方が思い出に残っています。

ダラケ兎
まぁ連絡はライブ見に来いって内容だったんだけどね

 

この「光のなかに立っていてね」をリリースした2013年に、安孫子真哉さん、チン中村さん、村井守さんが脱退となり、ライブ等はサポートを加え、現在はボーカル峯田和伸さんが1人残った状態での活動が続いています。

 

バンド初の武道館公演

その後も作品はリリースを行うも、地上波音楽番組「HEY!HEY!NEO」で披露された「生きたい」等、ファンの間では「変わってしまった」等の意見が出てくることも多くなっていました。

ダラケ兎
歌詞はもちろん泥臭くて暑くて素敵なんだけど、青春パンクとしてのなりは潜んだかな?と思っちゃった

そんな中、様々な意見はありつつも、2016年に全国ツアー「世界平和祈願ツアー 2016」を経て、中野サンプラザで行ったライブ「東京の銀杏好きの集まり」はチケット即日完売。

そして一年後の2017年10月13日(金)に初の日本武道館ライブ「日本の銀杏好きの集まり」の開催がアナウンス!!

↓音量にご注意下さい!↓

  • 困惑。どうなるんだ。 正直「生きたい」以降の「骨」とか愛地獄に収録されてた新曲とか糞みたいな曲ばっかだから期待出来ない。 でも峯田なら……と期待している自分もいる。
  • 俺の武道館童貞は峯田和伸によって奪われる。
  • 単純に行きたい!! ベビベビを大合唱したい!!
  • もうなにしても行く。

等々、嬉しいコメントの中にも、今の銀杏BOYZに対する複雑な心境が書かれたコメントもありますね。


Sponsored Link

エンジェルベイビー

その武道館公演の先駆けとして、7月からのシングル3ヶ月連続リリースがアナウンスされ、7月26日(水)発売に発売の第1弾シングルとなる「エンジェルベイビー」が6月27日にラジオにて初オンエア!

予告編も公式からアップ↓

7/19追記:フルMVアップ

 

感想は

 

 

 

「うおおおおぉぉぉ!!!!」

という感情と、全身に鳥肌が立ったという事です(笑)

 

轟音、ノイズ、なのにめっっっちゃキラキラしてて、メロディアスで、歌詞も青臭い、泥臭い・・・けどいい!

ヨロコビ兎
あの時夢中になっていた、銀杏BOYZの曲だ

歌詞は全編を通してロックへの衝動や思い、友、好きな子等々、青春がテーマ。

「漂流教室」に出てくる歌詞の「君と僕は一生の友達(なの)さ」という部分も引用していたりと胸が熱くなりますね・・・

ダラケ兎
上記で話した、初めて組んだバンドのボーカルが聴いたら鼻血でも出すんじゃないか

 

実は、「生きたい」をリリースされた際のインタビューで「<生きたい>を産み出せたことにより、やっとこれからはど真ん中の曲を作ることができる」と話していたようで、この「エンジェルベイビー」は「まさに!!!!」な、ど真ん中。

管理人自身、もうこういった曲は作らないのかな、と思っていたので、この「エンジェルベイビー」を聴いて、青春の「銀杏BOYZ」がよみがえってくる方も多いのではないでしょうか?

ハルカミライの歌詞がアツイ!おすすめ曲はカントリーロード?

2017.03.04

まとめ

Sponsored Link

はい!そんなわけで今回は「銀杏BOYZ」の初の武道館公演開催と、熱すぎる新曲、「エンジェルベイビー」についてお届けしました。

新曲なのに懐かしさを感じ、銀杏BOYZとの青春を思い出させてくれますねー。

しかし、それと同時に現在のメンバーが峯田さんのみになり、「元メンバー4人の演奏でも聴いてみたかった」という気持ちもあったり・・・

「どうして僕いつもひとりなんだろう」って始まりの歌詞もグッと来てしまいます。

ダラケ兎
バンドって難しいな

それでは今回はこの辺で!

マネー兎
読んでくれてありがと、他の記事もヨロシク~

Sponsored Link

【SNSで話題をシェア?】

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

2 件のコメント

    • コメント頂きありがとうございます。
      そして、ご指摘の内容を修正させていただきました。大変申し訳ございません!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です