Nulbarich(ナルバリッチ)のJQはどんな人?メンバーは一人だけ?

こんにちは、いんかみ(@fam_com01)です。

 

2016年の結成から瞬く間に音楽シーンの注目を集めているバンド「Nulbarichナルバリッチ)」

アシッドジャズやファンク等のブラックミュージックを主体としつつも、キャッチーで完成度の高い楽曲でコアな音楽フリークをも唸らし、各所で2017年のネクストブレイクにも選ばれています。

 

「あー、ナルバリッチ売れるよねー」と、あぐらをかいていた皆さん。もうもう本当に売れちゃいますよ!!!!

 

そんな今回は「Nulbarich」の謎に包まれたメンバーやバンドについての情報を中心にお届けしていきます!

【お得に音楽ライフを楽しもう!】

定額制音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」にて「Nulbarich」の楽曲も配信中!記事下にて配信作品もご紹介しています!チェック

HONDAグレイス「ACTIVE LINE」篇CM 起用曲「NEW ERA」

2017年7月6日から全国放映となった上記CM。

この起用曲となった「NEW ERA」はNulbarichにとって最新の曲というわけでは無く、2016年に発売した、1stALBUM「Guess Who?」に収録されたリード曲でもあり、今後もNulbarichの代表曲として君臨し続けるような名曲でございます。

この流れあれですね。「suchmos」の「STAY TUNE」起用後の知名度爆発と同じ!

 

完全にHONDAさんが、この近辺のミュージックシーンに目を光らせてきている(笑)

あのバンドもCMに起用されてた

そしてNulbarichは「和製マルーン5」との呼び声も高く、そのマルーン5も過去に「This Love」や「She Will Be Loved」が日本のCMでも起用されていましたね!

ダラケ兎
音楽性的にもマッチしているしね

そんな、マジで売れちゃう5秒前の「Nulbarich」はどんなバンド?そしてどのようなメンバーになっているのでしょうか?

 

Nulbarich(ナルバリッチ)

引用:songforclay96.files.wordpress.com

2016年の結成、アシッドジャズ、ファンク等のブラックミュージックを軸にキャッチーかつ完成度の高い楽曲で、活動開始から瞬く間に音楽ファンを中心に注目を集めております。

洒落た楽曲の中でも、日本詞と英詞が心地よく絡み合っており、聴く人を選ばずに人気を博していくバンドで間違いありません!

このHONDAのCM以外にも、楽天カードのCMにも起用されたりと、明らかに多方面からの注目を集めていることが伺えますね。

 

 

メンバーはボーカル「JQ」のみ!?

そんなNulbarichは、基本的に

  • ボーカル
  • ギター
  • ベース
  • ドラム
  • キーボード

の5人編成となっていますが、固定のメンバーが1人しかいません!!

このNulbarichはボーカルを務めるシンガーソングライター「JQ」さんが主体となっており、「同じ志をもつメンバーで、時代、四季、背景など状況に応じた、ベストなサウンドを創り出す」というスタイルから、その都度メンバーが変わるという一風変わった編成となっています。

ダラケ兎
今はほぼ固定になりつつあるけど、また変わることも大いにあり得るらしいね

なので、どうしてもメンバービジュアルを出すとその都度変わってしまう、というところからMVやジャケットでも登場する「ナルバリ君」

引用:http://spaceshowermusic.com

がビジュアルのメインを担当しているようです。

因みに、JQさんのお顔がコチラ↓

引用:rr.img.naver.jp

イカリ兎
「イケメン」で「お洒落」で「声も良い」フザケ・・

これはビジュアル面がもっとあらわになってくると、更に人気に拍車がかかりそうですね!

 

元々はJQさんがバンドを解散後

次に組む時までに僕がボーカルとしてスキルアップして、シンガーソングライターとして経験を積んだ後にいずれはまた組もうと思っていて。それとせっかくバンドを組むならこの人たちとやりたいというのがあって。だから自分が経験を積んでバンドを始めても良いと思った時とメンバーが合流できるタイミングが重なって今になりましたね。

引用:BELONG Media

といったのがバンド結成の経緯になっているようです!

影響を受けたアーティストも

  • ジャミロクワイ
  • マルーン5
  • ジム・クラス・ヒーローズ
  • ファレル・ウィリアムス

等、現在の音楽性に通ずるアーティストが挙げられています。

 

 

バンド名の由来

このNulbarich(ナルバリッチ)というバンド名には3つの単語が組み合わさった造語となっており、

  1. Null(ゼロ、形なく限りなく無の状態)
  2. but(しかし)
  3. Rich(裕福、満たされている)

「何も無いけど満たされている」

音楽というもの自体に形がないのとJQさんがMr.Childrenのように相反する言葉で繋がっているようなバンド名にしたかった事から名付けられたようです。

Nulbarichとうスペルで見ると覚えにくいかもしれませんが、ナルバリッチと聞くと、耳馴染みも良く語呂もいいですよね!

カナデル兎
この、「It’s Who We Are」もめちゃカッコよくておすすめ

まとめ

はい!

今回は今後、というかもうブレイク間近となっているバンド「Nulbarich」(ナルバリッチ)についてお送りしました!

音楽性的にどうしてもsuchmosと比べられることが多いようですが、JQさん自身、

逆に僕らからしたらタワレコで一緒に並べてくれる事がありがたいですね。僕らやSuchmosを始め、ブラックミュージックがルーツにあるバンドに追い風が吹いているのは感じますね。

引用:BELONG Media

と話しており、まさに今の音楽シーンからその雰囲気をヒシヒシと感じますね!

管理人も「Guess Who?」と「Who We Are」の2枚を聴きましたが、どちらかと言えば、個人的にsuchmosよりもNulbarichの方が聴きやすい曲が多く感じます。

JQさんが「ドライブの時や通勤など、自分が何かやっている時に聴いて欲しいと思います。集中して聴くよりは聴く人の日常に溶け込めたらと思います。」と語っている所が根底にあるからかもしれませんね。

結局どちらもそれぞれの良さ、とがった部分があってカッコいいことに変わりはありませんが!

よく読まれている記事

定額制音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」にて「Nulbarich」の楽曲も配信中!

配信作品(作品が多い場合はアルバムメインで紹介)
  • 「Guess Who?」(アルバム)
  • 「Long Long Time Ago」(EP)
  • 「Who We Are」(EP)
  • 「H.O.T」(アルバム)おすすめ
  • 「Kiss You Back」(シングル)

「Amazon Music Unlimited」は月額「980円」で「4000万曲」以上が聴き放題の上、「Amazon Prime」会員であれば月額「780円」で利用できます!30日間無料体験があるのも安心ですね。

Amazon Primeのサービス利用者は年々増え続けていますので、既にAmazon Prime会員の方は特にオススメ!

※管理人は複数の定額制音楽配信サービスを利用していますが、配信楽曲数の差はほとんどありませんのでご安心ください。

そして、Amazon Primeのサービス自体も

Prime会員メリット
  • 送料、お急ぎ便等のサービスが無料!※「プライム」表記のある商品が対象
  • 人気の「Prime Video」が利用可能おすすめ
  • 毎年争奪戦となるプライム会員向けの激安セール「プライムデー」への参加が可能、会員限定の先行タイムセールなども開催
  • 配信楽曲数100万曲程のUnlimitedのライトバージョンにあたる「Amazon Music」が利用可能

等々、いんかみ自身も上記2つは特にガッツリ活用している特典なので、これで年会費3900円(月額325円)はかなりお得です!

年会費はちょっと・・・という方向けに月額400円プランも追加されましたし、30日間無料体験もありますので、まだ利用したことがないよーという方はこの機会に是非!

もちろん両サービスとも無料期間30日以内の退会であれば料金は一切かかりませんので、是非期間中に使い倒してみて下さいね!

両サービスは、CDの購入やお得に音楽ライフを楽しみたい方にもピッタリのサービスだと思いますよ!

このブログを見に来てくれた方にもオススメだね

当ブログで大活躍!
くまくまー。イラスト

当サイトにいるうさぎは「くまくまー。」さんのイラストを使用しています。他のゆるいキャラスタンプも作られているので、気になる方は是非チェック!

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

ABOUTこの記事をかいた人

いん かみ

このブログの管理人「いんかみ」です。インド人みたいだとよく言われます。アジカンを聴いて育ちましたが、基本雑食でなんでも飛びつく方。当ブログの私を含んだウサギイラストは「くまくまー。」さんにご提供いただきました⇒https://twitter.com/ifmedia1