岡崎体育のwiki風プロフィール!バンドが嫌いなんですか?

こんにちは、いんかみ(@fam_com01)です。

 

YOUTUBEでの「MUSIC VIDEO」の大ヒットを機に、大型音楽イベントや、Mステを含めたバラエティ番組にも多数出演等、波に乗って乗って乗りまくっている「岡崎体育」さん。

奇想天外な曲から、泣かせる曲まで器用にこなす彼のルーツとはいったい何なのか?

そして、「FRIENDS」のMVではタワーレコード店内で「バンドざまぁみろ!」と友達の人形片手に声を荒げている。

「この人はバンドに何か恨みでもあるのか・・・」

今回はそんな岡崎体育さんのプロフィールをメインに、Wikiより分かりやすくお届けしていきます!

 

「岡崎体育」プロフィール

アーティスト名:岡崎体育(おかざきたいいく)

本名:岡亮聡(おかあきとし)

出身:京都府

生年月日:1989年7月3日

ジャンル:テクノ、エレクトロ、ポップ

血液型:A型

所属:SME Records(マネジメントではなくレーベルとして)

マネー兎
CD等の流通手段としてメジャーに行ったということだね

音楽の原点は「電気グルーヴ」

現在の岡崎体育の楽曲のルーツは「電気グルーヴ」のようです。

電気グルーヴ

1989年結成のピエール滝さんと石野卓球さんによるテクノ、エレクトロユニット。

クオリティの高い楽曲と、相反した奇抜で破天荒なパフォーマンスで一時代を築き上げました!

なので、楽曲のテーマでもある「テクノ」という部分でも、多大な影響を受けていますが、そこよりも更にアーティストとしてのパフォーマンス面にかなり影響を感じられますね!

 

 

作曲を始めたのは・・・

岡崎体育さんの作曲の始まりは、中学校の頃。

その時遊んでいたニンテンドーDS「大合奏!バンドブラザーズ」に付いている「作曲機能」を使った事で、オリジナル楽曲の作成に目覚めていったようです。

引用:https://images-na.ssl-images-amazon.com

因みに「スペースシャワーTV チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE Vol.3」で、SiMのボーカル「MAH」さんとの対談の際にも詳しく語られています。

「MAH」さん自身は、昔のケータイの着メロを作る機能で、初めて作曲をしていたそうな・・・

カナデル兎
作曲の起源は皆それぞれだな

二人とも人見知りという事で、何とも言えないふわふわした空気が漂っています(笑)

ダラケ兎
相反する二人過ぎだろ

現在では、一緒にツアーに回ったり、はたまたゲーム番組に出たりと、大の仲良しになっています!

バンドが嫌いなのか?

この「FRIENDS」という曲では

「バンドざまぁみろ!」とのフレーズと共に「売れた際、いかにバンドは利益が少なくて、一人ならボロ儲けなのか」を皮肉たっぷりに歌っているのです。

 

バンドのCDに中指を立てながら!

 

実際、本当に売れてきてしまったので、自分自身がこの曲で言っていたことを、今実感しているかもしれません(お財布の中身的に)

 

ですが、

 

 

バンドやってました

実は、岡崎体育さんは大学時代に、1年半ほどバンド活動もしていました。

しかし、メンバーに自主性が無く、自身が楽曲からライブ演出まで全て考えていた為「自分が4人居たら楽なのに・・・」という事で解散。

この頃から根っからのクリエイター気質だという事が分かりますね。

活躍の裏にはバンドマンがいる?

実はこの「FRIENDS」や「MUSIC VIDEO」筆頭に、岡崎体育さんのPVは「寿司くん」というクリエイターがほぼ手がけていますが、その寿司くんの正体は・・・

いま巷で話題になっている「ヤバイTシャツ屋さん」のボーカル「小山拓也(こやまたくや)」さん。

「FRIENDS」のMVで中指立てている先に、この「ヤバT」のCDがあるので、この時点でも悪意があってやってない事は分かります(笑)

 

「MUSIC VIDEO」もロックを中心に聴いている人なら薄々気づくかと思いますが、MV全般ではなく「昨今のバンドマンのMV」あるあるが中心なんですよね。

もはや、「バンドめっちゃ好きだろ!てか友達バンドマンばっかだろ!」という事です。

 

奇想天外な曲ばかりじゃない

「MUSIC VIDEO」が出る前の代表曲でもあったこの「家族構成」

とてつもない個性と、お得意のキャッチーさが一回聴いただけで虜にしますし、なんか友達や知り合いに「この曲知ってる?ww」と聴かせてくなるような「奇」の部分が強いですね。

「FRIENDS」や「MUSIC VIDEO」もその類でしょう。

 

しかし!

 

それだけじゃないのが岡崎体育さん。

 

「やべぇ」

 

あの楽曲の面を見せておいて、こんな曲も作れるとか・・・

 

これでイケメンだったら、嫉妬で絶対聴いてない。

まとめ

はい!それでは今回は岡崎体育のWiki風プロフィール紹介と、バンドとの関係性を中心にお届けしました!

ネタもバンド界隈の事が多いですよね。

最近ではメディアの露出もかなり増え、頭の回転の速さと持ち前のセンスで活躍の場を広げていますが、彼の魅力は何といっても楽曲にあるでしょう。

そして、最初はなんなんだ?と思わせておいて、実際かなりの努力家。

 

そんな岡崎体育さんの活躍をこれからも期待していきましょう!

よく読まれている記事

定額制音楽配信サービス「AWA」にて「岡崎体育」の楽曲も配信中です!

【配信作品】

  • 「BASIN TECHNO」
  • 「潮風」
  • 「ポーズ」
  • 「XXL」
  • 「Emblem」
  • 「ジャリボーイ・ジャリガール」
「AWA」についての当ブログ記事はコチラ⇓から

【徹底解説】AWAの使い方や料金はいくら?アーティストも充実してる?

2017.04.16
ダラケ兎
直ぐに使う方はコチラー

※定期的なチェックも行っておりますが、記事作成後にアーティスト、一部楽曲の配信が停止となっている場合もございますので、ご了承ください。

【SNSで記事をシェア】

当ブログで大活躍!
くまくまー。イラスト

当サイトにいるうさぎは「くまくまー。」さんのイラストを使用しています。他のゆるいキャラスタンプも作られているので、気になる方は是非チェック!

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

いん かみ

このブログの管理人「いんかみ」です。インド人みたいだとよく言われます。アジカンを聴いて育ちましたが、基本雑食でなんでも飛びつく方。当ブログの私を含んだウサギイラストは「くまくまー。」さんにご提供いただきました⇒https://twitter.com/ifmedia1