岡崎体育のWiki風プロフィール!FRIENDSはバンドへの嫌味?

 

YOUTUBEでの「MUSIC VIDEO」の大ヒットを機に、大型音楽イベントや、Mステを含めたバラエティ番組にも多数出演等、波に乗って乗って乗りまくっている「岡崎体育

奇想天外な曲から、泣かせる曲まで器用にこなす彼のルーツとはいったい何なのか?

そして、「FRIENDS」のMVではタワーレコード店内で「バンドざまぁみろ!」と友達の人形片手に声を荒げている。

「この人はバンドに何か恨みでもあるのか・・・」

今回はそんな岡崎体育のプロフィールをメインに、Wikiより分かりやすくお届けしていきます!

おすすめ記事⇒岡崎体育「感情のピクセル」のMV公開!歌詞の内容は?バンドメンバーは誰?

 Sponsored Link

プロフィール

アーティスト名:岡崎体育(おかざきたいいく)

本名:岡亮聡(おかあきとし)

出身:京都府

生年月日:1989年7月3日

ジャンル:テクノ、エレクトロ、ポップ

血液型:A型

所属:SME Records(マネジメントではなくレーベルとして)

マネー兎
CD等の流通手段としてメジャーに行ったということだね

音楽の原点は「電気グルーヴ」

現在の岡崎体育の楽曲のルーツは「電気グルーヴ」のようです。

電気グルーヴ

1989年結成のピエール滝と石野卓球によるテクノ、エレクトロユニット。

クオリティの高い楽曲と、相反した奇抜で破天荒なパフォーマンスで一時代を築く。

なので、楽曲のテーマでもある「テクノ」という部分でも、多大な影響を受けていますが、そこよりも更にアーティストとしてのパフォーマンスが、かなり影響を感じられますね!

作曲を始めたのは・・・

岡崎体育の作曲の始まりは、中学校の頃。

その時遊んでいたニンテンドーDS「大合奏!バンドブラザーズ」に付いている「作曲機能」を使った事で、オリジナル楽曲の作成に目覚めていったようです。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

因みに「スペースシャワーTV チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE Vol.3」で、SiMのボーカル「MAH」さんとの対談の際にも詳しく語られています。

「MAH」自身は、昔のケータイの着メロを作る機能で、初めて作曲をしていたそうな・・・

カナデル兎
作曲の起源は皆それぞれだな

二人とも人見知りという事で、何とも言えないふわふわした空気が漂っています(笑)

ダラケ兎
相反する二人過ぎだろ

 

バンドが嫌いなのか?

この「FRIENDS」という曲では

「バンドざまぁみろ!」とのフレーズと共に「売れた際、いかにバンドは利益が少なくて、一人ならボロ儲けなのか」を皮肉たっぷりに歌っているのです。

バンドのCDに中指を立てながら!

実際、本当に売れてきてしまったので、自分自身がこの曲で言っていたことを、今実感しているかもしれません(お財布の中身的に)

 

 

この人、バンドやってました

実は、大学時代に1年半ほどバンド活動もしていました。

しかし、メンバーに自主性が無く、自身が楽曲からライブ演出まで全て考えていた為「自分が4人居たら楽なのに・・・」という事で解散。

この頃から根っからのクリエイター気質だという事が分かりますね。

活躍の裏にはバンドマンがいる?

実はこの「FRIENDS」や「MUSIC VIDEO」筆頭に、岡崎体育のPVは「寿司くん」というクリエイターがほぼ手がけていますが、その寿司くんの正体は・・・

いま巷で話題になっている(なりつつある?)「ヤバイTシャツ屋さん」のボーカル「小山拓也(こやまたくや)」さん。

これはメジャー前のやつ。(岡崎体育もヤバTもメジャー行けて良かったね!)

関連記事⇒ヤバイTシャツ屋さんの歌詞が面白い?それだけじゃないヤバみがコレ

「FRIENDS」のMVで中指立てている先に、この「ヤバT」のCDがあるので、この時点でも悪意があってやってない事は分かります(笑)

 

「MUSIC VIDEO」もロックを中心に聴いている人なら薄々気づくかと思いますが、MV全般ではなく「昨今のバンドマンのMV」あるあるが中心なんですよね。

もはや、君バンドめっちゃ好きだろ!てか友達バンドマンばっかだろ!という事です。


Sponsored Link

岡崎体育は性格が・・・

これは管理人の感じた事にはなりますが、岡崎体育自身も人見知りと公言している通り、仲のいい人、好きな事に対してはっきり好きと言わずに、彼なりの遠回しかつ斜め上からの発想で表現しているんじゃないかなと感じます。

 

「オレたち友達だよなぁ!なぁ!?」というアレとは真逆のやつですね(素直に表現できる人も凄いと思います)

 

しかし、この少しひねくれた感じが、岡崎体育の独自の感性と絡んで、楽曲をより素晴らしい物に仕上げているのではないでしょうか?

 

 

奇想天外な曲ばかりじゃない

「MUSIC VIDEO」が出る前の代表曲でもあったこの「家族構成」

とてつもない個性と、お得意のキャッチーさが一回聴いただけで虜にしますし、なんか友達や知り合いに「この曲知ってる?ww」と聴かせてくなるような「奇」の部分が強いですね。

「FRIENDS」や「MUSIC VIDEO」もその類でしょう。

 

しかし!

 

それだけじゃない岡崎体育。

「やばい」の一言

 

あの楽曲の面を見せておいて、こんな曲も作れるとか・・・(楽器も自身で演奏しているようです)

 

これでイケメンだったら絶対聴いてない

 

そう思わせるくらいの、素晴らしいアーティストだと思います。

まとめ

Sponsored Link

はい!それでは今回は岡崎体育のWiki風プロフィール紹介と、バンドとの関係性を中心にお届けしました!

ネタもバンド界隈の事が多いですよね。

最近ではメディアの露出もかなり増え、頭の回転の速さと持ち前のセンスで活躍の場を広げていますが、彼の魅力は何といっても楽曲にあるでしょう。

そして、最初はなんだコイツ?と思わせておいて、実際かなりの努力家。

 

そんな岡崎体育の活躍をこれからも期待していきましょう!

マネー兎
読んでくれてありがと、他の記事もヨロシク~

Sponsored Link

【SNSで話題をシェア?】

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です