teto(テト)ボーカル「小池貞利」の歌詞がカッコよすぎ!その魅力とは!?

こんにちは、いんかみ(@fam_com01)です。

 

今、ロックシーンにおいて最も期待と注目を集めているといっても過言ではないロックバンド「teto」(テト

粗削りながらも胸を打つようなサウンドに、ボーカル&ギター担当「小池貞利」さんの歌詞の言葉選びも巧みで詩的

昨今の音楽シーンにおいても、「バンドのカッコ良さ」というものをシンプルに掻き鳴らしているバンドではないでしょうか?

 

今回はそんな、tetoの魅力についてお伝えしていきます!

tetoプロフィール

引用:http://ukproject.com

  • 小池貞利(Vo&Gt)画像中央右
  • 山崎陸(Gt&Cho)画像右
  • 福田裕介(Dr)画像左
  • 佐藤健一郎(Ba&Cho)画像中央左

2016年、元々ベースボーカルとしてバンドをやっていた小池貞利さん(Vo&Gt)が、バンド解散後に職場の後輩である当時楽器未経験者であった佐藤健一郎さん(Ba&Cho)を誘い、「teto」(テト)を結成。その後、小池貞利さん(Vo&Gt)が弾き語りを始めた事によって出会った山崎陸さん(Gt&Cho)加入に。

同年10月に発売した1stEP「PainPainPain」は自主製作ながらあっという間に完売!(現在廃盤)

同年12月に現在のドラム福田裕介さんが正式加入となり、現在のtetoとなっております。

 

音楽性としては、ガレージ、パンクロックが基調ですね。

イカリ兎
ライブもかなり熱い!

その中で小池貞利さん(Vo&Gt)さんの言葉選びや、耳から離れない「歌える」メロディーセンスが武器になっていますね!

 

熱いバンドサウンド

teto・・・はっきり言ってそんなに演奏が上手いわけでは無い!!

ダラケ兎
ご本人たちのインタビューでもそこには触れてるね(笑)

んですが、そこを差し置いても、「こまけぇ事は良いんだよ!!」と言わんばかりの胸に訴えかけて来るサウンド。死ぬ気で音楽を鳴らしてるんだなぁとヒシヒシと感じますね・・・んー、ロック!

とはいえ、バズリズム02(日本テレビ)の「これはバズるぞ2018」でブレイクが期待できるアーティスト第2位にランクインするなど、各本面からの注目が更に集まっており、山崎陸(Gt&Cho)もちゃんと練習しないといけないと焦ってきているようです(笑)

ダラケ兎
上手くなったらなったでファンから怒られそう

 

 

ケガ、骨折も・・・

そんなtetoですが、あまりにも熱いライブになる為、骨折、ケガもしばしば・・・(主にボーカル小池さん)

上記の動画でも開幕ギプスで登場し、何食わぬ顔で意外とちゃんと喋ってる具合が何ともシュール。

ライブ中にテンションが上がり過ぎてライブハウスのダクトにぶら下がって壊してしまったり、思うような声にならない・・・との事からノドをつぶすためウイスキーでうがい(残念ながら効果なし)など、いい意味でネジが外れていますね。

しかしながら、インタビュー動画を見てもらうと分かる通り、メンバー全員、実は気を遣うタイプだという事で、バンドをやっていない時は意外とちゃんとしています(笑)

その分、ライブでの熱量のギャップにやられてしまいますね!

歌詞の魅力

tetoの魅力をお伝えする上で欠かせないのが、バンドとしての熱量、そしてVo&Gt小池貞利さんの紡ぐ歌詞。

上記の「暖かい都会から」序盤の歌詞

夢が夢のままで終わらないように目覚まし時計をかけていた
何時何時明日が来たっていいようにポケットから手をだしていた
耳元で戯言を囁く小悪魔なんかは怖くは無かった 知らなかった

引用:暖かい都会から

もうこの部分だけでご飯三杯いけるくらい味わい深さがありますね。

サビ部分

本音なんて置いておいて余計なお世話だって蹴って時間が経って這って
いつしか本当のところ本物の心なんてものは無くなっていた 浅はかだ
本命なんて放っておいでよって腑抜けた声で誘って間抜けに反省、懺悔
左右前後運動の多少面倒臭い過剰な愛としか思えない頭が仇になった
雑踏の中に埋もれたままシャットアウトしてやっと目を閉じた

引用:暖かい都会から

いいな!おい!いいなぁ

耳で聴いてもリズム、韻の踏み方、どれも心地が良く、読んでも改めてめっちゃいいやんて思います。

歌この「暖かい都会から」は小池自身かなり歌詞を頑張った、と自負しており、まさにその言葉通り、どの歌詞の部分を切り取っても、美味しいところだらけですねぇ。

サビ前の歌詞で

「叶う叶う」と自称暖かい都会から見下す気分はどうだい

引用:暖かい都会から

この曲タイトルの回収の仕方もバリカッコいいですよね・・・

tetoにハマるきっかけとしてはサウンド、メロディー的にも上記で紹介した「暖かい都会から」が特におすすめですね!

 

この「九月のなること」も、曲の感情や情景が浮かんでくるような、そしてその場面をうまく切り取った歌詞が逸品ですね。

てかもうどの曲もこんな感じで、思わず歌詞カードを見たくなるような曲ばかりです。

 

小池貞利さんの歌詞を読んでいると、音楽のみならず色々な人物、作品にも触れて表現の幅をかなり広げているのかなぁと感じました。

魅了したいされたいされ続けていたい、し続けていたいよ
あのトワイライトのように
何度も何度も何度も何度でも輝いて生きてたいよ
あのトワイライトのように 僕は

引用:あのトワイライト

 

 

まとめ

はい!

そんなわけで今回は、ロック本来の熱さ、カッコよさを伝えてくれるバンド「teto」(テト)についてお届けしました。

インタビューにて、色んな人に聞いてもらいたい気持ちもあるが、アンダーグラウンドなカッコ良さも失いたくは無いと答えており、これからどう進化していくのかも要注目ですね!

とにかく管理人は生のライブを見に行かないと!

マネー兎
これから更にどんどんデカいフェスやステージに上がっていきそうだね

おまけ

tetoのインタビュー記事を見ていく中で、管理人がツボった山崎陸さん(Gt&Cho)とHelsinki Lambda Clubの稲葉航大さん(Ba)のロン毛対談です!

誰が得するのかもわからないし、どこに需要があるのかも謎な内容が多いのですが、好きな人は好きかと・・・

 

それでは今回はこの辺で!

よく読まれている記事

定額制音楽配信サービス「AWA」にて「teto」(テト)の楽曲も配信中です!

【主なアルバム・シングル】

  • 「dystopia」
  • 「split」
「AWA」についての当ブログ記事はコチラ⇓から

【徹底解説】AWAの使い方や料金はいくら?アーティストも充実してる?

2017.04.16

※定期的なチェックも行っておりますが、記事作成後にアーティスト、一部楽曲の配信が停止となっている場合もございますので、ご了承ください。

【SNSで記事をシェア】

当ブログで大活躍!
くまくまー。イラスト

当サイトにいるうさぎは「くまくまー。」さんのイラストを使用しています。他のゆるいキャラスタンプも作られているので、気になる方は是非チェック!

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

いん かみ

このブログの管理人「いんかみ」です。インド人みたいだとよく言われます。アジカンを聴いて育ちましたが、基本雑食でなんでも飛びつく方。当ブログの私を含んだウサギイラストは「くまくまー。」さんにご提供いただきました⇒https://twitter.com/ifmedia1