打首獄門同好会が武道館ライブを開催!成功のカギを握る戦国絵巻計画とは?

 

2018年3月11日(日)に日本武道館にてワンマンライヴが決まった「打首獄門同好会

「生活密着型ラウドロック」という新たなるジャンルを確立したそんな彼らは1年計画「2017-2018 戦獄絵巻計画」を発足!

武道館に向けて勢力拡大を目指す4つの計画とは果たしてどんな計画なのでしょうか!?

今回も面白そうな企画が進行中のようでとてもワクワクしますね!

それでは詳しい情報を見ていきましょう!

おすすめ記事⇒ハルカミライの歌詞がアツイ!おすすめ曲はカントリーロード?

Sponsored Link

戦国絵巻計画とは?

2004年のバンド結成から13年が経ち、挑む初の武道館ワンマンライブ。

来年武道館に挑むには、これまでよりさらに急激に勢力を伸ばす必要があります。だからこれから1年ずっとお祭り騒ぎしながら、土台を作っていければと。ぜひ楽しみにしていてください

引用:メンバーコメント

このバンドからのコメントでもあるように、武道館ライブの成功にはさらなるファンの獲得が必須となってきます。

その為に以下の4つの計画が発表されました!

 夏・秋・冬・春 連続リリース!

引用:https://sengokuemaki.com

夏・秋・冬・初の四季毎にリリースを行う事が決定。

現在内容が発表されているのは以下の「夏盤」

 

引用:https://sengokuemaki.com

7/12(水)にシングルCD「夏盤」をリリース。

収録曲

  1. 糖質制限ダイエットやってみた
  2. キレイエアー
  3. 私を次郎に連れてって(LIVE)
  4. 日本の米は世界一(LIVE)

+ライブ映像もアリ!

 

そして、

  • 早期予約特典(4月22日から6月4日までの予約)

「やんごとなきワンマン」の幻のオープニング映像が見れるURLが付いたカード。

 

  • オリジナル特典

タワーレコード、ヴィレッジヴァンガード、TSUTAYA、の三店舗それぞれでデザインの異なる「獄うちわ」も貰えます!(先着順で無くなり次第終了)

引用:https://sengokuemaki.com

コレだけ盛り込んで1200円(税別)はお得すぎますね(笑)

夏盤以降のCDもこの調子かと思うと、相当奮発してるなぁと感心します!

47都道府県 ライブ全国制覇!

打首獄門同好会といえばスクリーンを使った爆笑必至のライブ。

そんなライブがこの1年どの都道府県にいても見れるチャンス!

  • HEY-SMITH
  • Dizzy Sunfist
  • 四星球
  • Charisma.com
  • オメでたい頭でなにより
  • ピアノゾンビ
  • バックドロップシンデレラ
  • 八十八ヶ所巡礼
  • Official髭男dism

等々、今をときめく若手から、ベテランバンドまで、個性際立つ対バンも充実。

是非お近くでライブがある際は足を運びましょう!


Sponsored Link

フェス全国制覇!

北海道・東北・関東・東海・北陸・近畿・四国・中国・九州までのフェスを制覇を目指す!

ライブハウスでのライブも素敵ですが、フェスとなれば、打首獄門同好会を良く知らない方々にも聴いてもらうチャンス(新規ファンの獲得)なので、是非とも暴れまわってほしいですね!

「10獄放送局」大型新企画!

ひょんなことから始めることになった打首獄門同好会の魅力のひとつである、インターネット番組「10獄放送局

第34回から新企画がはじまるのですがこの回では企画内容明が明らかにされないというなんとも「10獄放送局」らしい始まり方!

第36回まで公開されているので要チェックです!

 

追記:RISING SUN ROCK FESTIVAL」および開催地のひとつである「石狩市」とコラボが決定!

「RISING SUN ROCK FESTIVAL」の会場内に飲食店を設置(笑)

メンバー自身、石狩市内で食材を確保し、メニューを決定して出店するという、なんともスケールのデカい企画。

カナデル兎
バンドマンとはいったい何なのか

まとめ、武道館ライブは成功する?

Sponsored Link

というわけで、今回の記事のメインである「戦獄絵巻計画」についての情報をお届けしました。

どれも打首獄門同好会らしい、満足度の高い企画ですね!

ヨロコビ兎
おなかいっぱい

しかしながら、冒頭のメンバーコメントでもある通り、武道館ライブでの成功(集客)というのはかなりの挑戦だと思います。

2017年に入り各フェスでも入場規制や、チケットのソールドアウトなど、結成13年を越えたとは思えないような勢いの打首獄門同好会。

ドカンと売れてしぼんでしまうバンドも多い中、ここまでジワジワと人気、知名度を上げてきたのは、ふざけているようでいて確かな演奏力も兼ね備えているからこそ!

是非とも武道館の客席がパンパンになった打首獄門同好会のワンマンライブを見たい!

マネー兎
読んでくれてありがと、他の記事もヨロシク~

Sponsored Link

【SNSで話題をシェア?】

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です