YAJICOGIRLの曲「いえろう」がイイ!アジカン好きなら絶対聴くべき!

 

この若さあふれる笑顔。しかし侮れません。

 

2012年に高校の軽音部で結成された、YAJICOGIRLヤジコガール

関西圏を中心として活動を始め、現在、十代若手バンドの登竜門とも言える2016年度「未確認フェスティバル」のグランプリに輝いた彼ら。

 

引用:https://prtimes.jp

前回開催の2015年度グランプリ「Shout it Out」は翌年2016年に見事メジャーデビューを果たしていますね!

 

グランプリ受賞当時にリアルタイムでは情報を入れていませんでしたが、今「いえろう」という曲を聴いて思った、

これはヤバい。

 

アジカン好きなら特に必聴!

 

それでは詳しい情報を見ていきましょう!

おすすめ記事⇒Shout it out、バンドメンバー2人が脱退!その理由とは?

Sponsored Link

プロフィール

左から

Gt:榎本陸 Dr:古谷駿 Gt:吉見和起 Vo:四方颯人 Ba&Cho:武志綜真

2017年現在、まだ二十歳前後の彼らですが、本格的に活動を始めたのは2015年頃からのようです。

 

冒頭で2016年度「未確認フェスティバル」のグランプリ受賞についてお伝えしましたが、関西のライブハウスのプロデュースによる、十代才能発掘プロジェクト「十代白書2016」でもグランプリを獲得しています。活動開始一年でこれは天狗になっちゃうよホント。

 

ジャンルとしては、まさに王道のロキノン!

かと思いきや、意外と際どいメロディーも攻めたりしてます。そこがまた可能性を感じさせますね。

 

それでは、管理人も魅了された代表曲ともいえる、この曲を聴いてみましょう!

 

アジカン臭がすごい曲「いえろう」

イントロからギターのリード、そして

遅延遅延 人の命一つ二つより

このAメロのボーカルフレーズだけで、アジカンを通った世代なら懐かしい気持ちになるでしょ!

 

しかし、そこに乗っかるモジュレーション濃い目のクリーンギター

ここまでエフェクトをかけると大体気持ち悪くなって、曲をぶち壊せるのですが、独特の浮遊感が良く出ている!

管理人は、お寿司に素材の味を殺すぐらい醤油をかけちゃうので毎回怒られます。このクリーンギターは怒られないくらいのスレスレ。それか醤油自体が良いやつ。

 

サビも、どこか懐かしさを感じるようなメロディーですが、古臭いわけでもなく、僕はかなり好きですねー。

 

あと、MVは完全自主制作で、ドラム担当の古谷駿さんが手掛けているそう

味があっていいですよね。そしてメンバー楽しそうだなー。

 

タイトルの「いえろう」が出る瞬間に止まる感じとか好き。

 

昨今のロックシーンではあまり見なくなりましたが、ギターソロも歌メロをまんま持ってくる所も潔くて気持ちいい。

学生の時に藍坊主などを聴いていた時代をおもいだすます。

歌詞もいい

この「いえろう」も歌詞からも、特に初期のアジカンでも感じたような「焦燥感」があります。※歌詞はYOUTUBEのコメント欄で書いてる方がいますし、曲を聴いただけでも分かりやすいんではないでしょうか。

 

作詞作曲を担当しているボーカルの四方颯人さんもEPのトレーラー動画にて

生まれてきてから僕らは常に何かに追われながら日々生活してきたと思います。
そんな少し足を止めただけで後戻りできなくなるような社会で暮らしてきて、辛く感じた事や悲しく感じたことを書きました。
しかしそれでも思いを吐き出し続けるしか方法は無い、ということも歌っています。

と綴っています。

 

高校生から大学生になり、目まぐるしく変わっていく環境の中で感じることも多かったんでしょうね・・・


Sponsored Link

他の曲は?

さて、ここまでアジカンアジカンと散々行ってきましたが、バンド自体がアジカンっぽい!というわけでは無いです。あくまで魅力の一部として似たようなところがあるなぁと。

おすすめ記事⇒アジカン初のトリビュートアルバム「AKG TRIBUTE」が俺得過ぎる

つまらん夜

冒頭のリードからも感じる気だるさ。途中で適当とも感じるようなポコポコギター。まさに「つまらん夜」を表現。

ひたすらキャッチーな曲を作ったるぜ!というバンドでは無いですね。

キャッチーなのはいいけど、どのバンドも同じようなコード進行、メロディーやないかい、という悶々とした感情も伺えます。

MONSTER

この曲も「いえろう」よりは「つまらん夜」寄りの曲。

サビのコード進行もココはこういくだろってとこを外す!独特の緊張感や不安定感がありますね。

まったくアジカンじゃない!

※念のためTwiiterを拝見したところ、やはりアジカンの影響も受けているようです。よかった。

 

ライブ、演奏について

まだまだ若さもありますので、完成している!という感じでもないですが、個々のバランスもいいですよね。

ボーカル四方颯人さんは年齢の割に堂々としていますし、逆に永遠に中3に見られそうなギター吉見和起さんは、泣きのギターソロも弾いてたり、同じギターの榎本陸さんもバッキングをメインとしつつ、安定してます。

何といっても、リズム隊のベース武志綜真さんと、ドラム古谷駿さんがしっかり支えているように感じますね!

 

そりゃグランプリ取ってますからね、当たり前かもしれませんが、邦ロックてアジカン然り、ONEOKROCKのギターTORUさん然り(初期ね!)、どこか危なっかしい所ありますから。

まとめ

Sponsored Link

はい!

今回は今後の躍進に要注目のバンド「YAJICOGIRL」についてお伝えしました!

 

純粋な邦ロックではありますが、ただ〇〇っぽい!だけでは終わらせれないような表現力の幅を感じさせますね。自身達でも、ジャンルを※オルタナティブとカテゴライズしています。※すっごいザックリいうと「型にはまらない」といった様な意味

 

今後は中高生を中心に、どんどん知名度上げていきそうですね。

何より、楽しくバンドを続けていってほしいものです!

 

去年で活動休止になったけど、YkikiBeatのように後藤正文さんを唸らせる日がくるかも。

マネー兎
読んでくれてありがと、他の記事もヨロシク~

Sponsored Link

【SNSで話題をシェア?】

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です