ヨルシカってどんなバンド?メンバーのn-bunaとsuisの関係は?

こんにちは、いんかみ(@fam_com01)です。

 

「ウミユリ海底譚」や「メリュー」等、ボーカロイドの大ヒット曲を生み出したボカロP「n-buna(ナブナ)」さんが、コンポーザーとして始動させたバンド「ヨルシカ

n-bunaさんらしい緩やかでキャッチーなメロディーもあれば、ボカロ由来の変幻自在な曲もあり、ボカロPとしてのn-bunaさんのファンのみならず、多方面から注目が集まっていますね!

 

今回はそんなヨルシカについて詳しくお届けしていきます!

ヨルシカってどんなバンド?

上記でもお話しした通り、人気ボカロPである「n-buna」さんがコンポーザーとして始動したヨルシカ。

公式HPでも「バンド」として紹介されてはいますが、n-bunaさんとしては

こう述べられており、ボーカロイドでしか出来ない表現と、人間でしか表現できない部分があり、その人間的表現の作品を作る為に「ヨルシカ」を始動したようです。

バンド名の由来は?

引用:https://images-na.ssl-images-amazon.com

2017年6月28日にヨルシカとして発売された1st Mini Album 「夏草が邪魔をする」

【収録曲】

  1. 夏陰、ピアノを弾く
  2. カトレア
  3. 言って。
  4. あの夏に咲け
  5. 飛行
  6. 靴の花火
  7. 雲と幽霊

このミニアルバムの最後に収録された「雲と幽霊」の歌詞、「夜しか」という部分から由来しています!

 

 

ボカロP「n-buna(ナブナ)」とは?

そんなn-bunaさんの経歴をざっとご紹介!

出身は岐阜県。中学二年生の頃にエレキギターを購入し、その後、母に買ってもらったパソコンでデスクトップミュージック(DTM)に目覚める。2012年に動画サイト「ニコニコ動画」に自作のボカロ曲を初投稿。「透明エレジー」や「ウミユリ海底譚」等、100万再生を優に超えるヒット曲を何曲も生み出した有名ボカロP

管理人の印象としては、ギターロックを基調としながらも、ボカロらしい緩急の激しい曲もあれば、緩やかでちょっと気の抜けた心地よいメロディーの曲もあったりと、まさに変幻自在。

個人的に「ウミユリ海底譚」が頭から離れない時期もありました(笑)

カナデル兎
脱力感とキャッチーなメロディーのバランスが逸品

話はそれてしまいますが、話題のシンガーソングライター「酸欠少女さユり」さんのアルバム「ミカヅキの航海」に収録された「ケーキを焼く」という曲のアレンジも手掛けております!

酸欠少女さユり「ミカヅキ」収録の1stアルバムは間違いなくおすすめ!

2017.07.02

バンドに専念?

バンドの活動の開始に伴って、ファンからは「ボカロPとしての活動は行わなくなるのか?」といった声も上がっていたようですが、n-bunaさんがどちらも並行して活動を続けていくと表明しており、ボカロP時代からのファンとしても嬉しいですね!

 

 

現在のメインボーカリストsuisさんとは?

そして、ボーカルを務めているsuisさんは、透明感と伸びやかな歌声でn-bunaさんの曲に引けを取らない存在感を放っていますね!

素性については謎に包まれておりますが、参加に至った流れとは?

n-bunaのライブに参加

2016年8月14日、ヨルシカとしての活動が始まる以前に、n-bunaさんのボカロPとしての初ライブ「n-buna 1st Live『月を歩いている』」にボーカリストとしてsuisさんが参加。

さかのぼると、n-bunaさんが人間ボーカルを追求した作品を作りたいと考え始めて際に、作曲関系の知り合いの方からの紹介で出会ったのがきっかけ。

このライブでは、n-bunaさん自信もメインボーカルを務めるなどしながら、suisさんもボカロ曲を巧みに歌い上げ観客を魅了しました。

さらに、抽選で漏れてしまい来れない方が多かったため、11月10日に追加公演を行った程の大盛況っぷりです!

 

注目も集まっている!?

ブログ冒頭で掲載した楽曲「靴の花火」も、YOUTUBEでのMV公開開始から2ヶ月程で40万再生を越え、申し分のないほどの注目度を感じます。

そして同じく、「夏草が邪魔をする」に収録された言って。」はなんと公開開始5日で30万再生突破と更なる勢い!!

n-bunaさんらしい、力まずキャッチーなギターや歌のメロディーライン、suisさんの歌声もいい!

ダラケ兎
そしてMVも癖になる⇒手掛けた大鳥さん

追記:人気は加速

新曲を出しても全く滑り知らずなヨルシカが2018年5月9日(水)に2nd mini album「負け犬にアンコールはいらない」をリリース決定!

これも「買い」で間違いなしですね。

「言って。」が伸びた分、その後の新曲が良くも悪くもハードルが上がっていたとは思いますが、全くリスナーの期待を裏切らない!

まとめ

はいー!

今回は人気、知名度共に只今急上昇中のバンド「ヨルシカ」についてお届けしました。

 

追記:とんでもない程ヨルシカへの注目が集まっていますね・・・勢いが凄い!

よく読まれている記事

【SNSで記事をシェア】

当ブログで大活躍!
くまくまー。イラスト

当サイトにいるうさぎは「くまくまー。」さんのイラストを使用しています。他のゆるいキャラスタンプも作られているので、気になる方は是非チェック!

戻っちゃうにはまだ早い!
アーティスト・音楽情報一覧

この記事以外にも、オススメの記事がたくさん!気になっていたアーティスト、音楽情報の見落としががないかチェック!

8 件のコメント

  • 2人組ではなく、メンバーはアルバムによって変わっていくようです。
    本人はsuisとのバンドと言われることを嫌がっています。

  • アルバムごとにメンバーを変えていくスタイル
    →ナブナさん自身がツイキャスで否定していましたよ
    キャス履歴が残ってるかどうかは忘れましたが

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    いん かみ

    このブログの管理人「いんかみ」です。インド人みたいだとよく言われます。アジカンを聴いて育ちましたが、基本雑食でなんでも飛びつく方。当ブログの私を含んだウサギイラストは「くまくまー。」さんにご提供いただきました⇒https://twitter.com/ifmedia1